日々の徒然日記とベジタリアンレシピ


by iidayako

カテゴリ:あれこれ( 7 )

ベジタリアンの憂鬱

8月はおつきあいも多く
外食する日もけっこうありました。
外で食べるときは
なかなかお野菜だけというわけにはいかないもの。。。

ふつうに居酒屋さんやレストランに行ってみると
肉魚乳卵チーズなどを使っていない料理を探すのは
実はとても大変です。

ほぼすべての料理に
なんらかの動物由来成分がふくまれているんじゃないかなあ。
一見分からなくても
かつおだしだったりもしますしね。


わたしはもともとあまり太っている方ではないし、
なんとなく玄米菜食を実践しているうちに
さらにやせてきた
というのもあって、
果たして植物性のものだけを食べていて
ちゃんと栄養がとれているのだろうかと
かなり心配になった時期がありました。

だんなさんも結婚して幸せ太りするどころかやせてしまって
奥さんちゃんと料理してるの?
みたいな周囲の反応もありましたし。。。

自分的にはすこぶる元気で快調なのですが、
そんなこともあって
人には玄米菜食していることはあまり言いたくない
という気持ちが強かったです。

さいしょのうちは、最近試しにお肉抜いてるんだーなんて言うと、
やせすぎだよーーー!
もっと肉食べなよーーー!
とか言われ、
私の取り皿にだけお肉てんこもりにされたりしていました。

その頃は私自身もネタにして
そうなのーだからやせちゃったのー
と返して楽しんだりしていました。

外ではふつうにみんなと同じように食べていたので
わざわざ人に言うことも少なかったです。


でもだんだんお家での食生活になれてくると
外食した次の日は身体がだるく、
異物を体内に取り込んだような
重たい感覚になるようになってきました。

それと同時に栄養の観点から菜食について調べ始め、
ベジタリアンやビーガンの人たちがそうなった経緯や
彼らの哲学的理念について多く目にするようになりました。

はじめはただ健康に良さそうだし、
なんとなく自分の身体にしっくりくる
というのが理由ではじめた玄米菜食が
 動物愛護や環境保護
といったものと結びついてくるようになったのです。

身体や心もお肉に拒否反応を示すようになってきて、
近頃はそういった製品を口にすることが
苦痛とさえ思うようになってきてしまったのです。

でもいちいち菜食主義です
と公言したくもないし
そこまでストイックになりすぎると
難しいことも出てきます。

お友達と外でご飯を食べながらいろんな話をするというのは
私の楽しみのひとつですし、
みんなに自分の食生活について話してしまうと
いろいろ気を使わせてしまうと思うからです。

だから最近はなるべくお茶の時間に会うようにしたり、
さりげなくビーガンのカフェなどをチェックして
そこに行ってごはんをしたり、
大皿のときは控えめに取り分けたりするようになりました。

これからどのように玄米菜食を続けていくか
子供ができたり
およばれしたり
いろいろな状況の中で
また変わっていくこともあるかもしれません。

それでも、お肉を食べていたときは
ベジタリアンをすごく特殊で風変わりなイメージでとらえていたのが
不思議なもので自分がベジタリアンになると
それが人としてすごく当たり前の食生活のような気がしてくるのです。

肉汁のしたたるお肉においしそー!
と思ったりすることはもうないし
きれいに着飾った女の人が
肉のかたまりにかぶりついているのを見たりすると
なんとなくおかしいぞ!
と感じてしまうのです。

でもきっと一番大事なのは
動物であれ植物であれ
命をいただいて自分たちは生きているんだ
という意識を持つことでしょうね。

犠牲になった命があり
それを育んだ大地と
太陽の恵みがあって
私たちは生かされているんです。

誰かが自分たちの代わりにとってきてくれたお肉を
食べているということに
自分は無縁ではないのです。

ほんとに難しい問題ですし、
目を背けたくなるような現実もたくさんあります。

でも感謝の気持ちを持ってご飯をいただくということだけは
忘れないでいたいですね。
[PR]
by iidayako | 2009-09-08 12:31 | あれこれ

かい〜の

ここ1週間くらい原因不明のじんましんに
悩まされています。
1週間前にもらった皮膚科の薬も切れ

しかしいっこうによくならない。。。

なんかにかぶれたのかなー
ダニ?虫?
それともなんかのアレルギーかなー
化粧品?食べ物?
それともなんかストレス?

疑いだしたらキリがなくて
なにをするにも

もしやこれが原因?!

と考えて躊躇してしまいます。

非常に気持ちが悪い
そして非常にかゆいのだ!!!!
眠れないのです。。。

あーなんなんでしょ。
あんまり薬には頼りたくないのだけれど
明日また皮膚科に行ってみることにします。
[PR]
by iidayako | 2009-07-26 16:09 | あれこれ

1人なのにトリオ

きのうカフェに入って流れてた音楽。
邦楽がかかってるなんてめずらしいなー
なんて何気なく聴いていたら
何気なくいい感じ。

店員さんに聞いてみたら
大橋トリオ
という人だと教えてくれた。
1人なのにトリオなんですよ。と。

帰りにツタヤによってみたら
まさにそのとき店内にかかっていたのが
大橋トリオ

これはもう借りるしかないなーと思って
さっそくお家で聴いてみました。
うん。いい感じ。
こういう声好きだなぁ。

CDにはやっぱり
1人なのにトリオ
のキャッチフレーズが。

もしや大橋鳥夫?
と思ったがどうやら名前は
オオハシヨシノリさんというみたい。
1人でたくさんの楽器を操れるって
ことなんですかね。

興味ある方はぜひ聴いてみて。

http://www.myspace.com/ohashitrio

b0182954_9545880.jpg
[PR]
by iidayako | 2009-07-24 09:50 | あれこれ

都民になりはや1ヶ月

早いもので長岡の地をあとにし
東京に越してきて
1ヶ月が経とうとしています。

早い速い。

新潟での最初の1ヶ月とは比べ物にならない
スピード。
毎日充実してるようで
しかし焦る。
せかされてるようで
あれやこれやと思い煩う。

時の流れになんとかついていくのが必死で
ついつい日々のささいなこと忘れてしまう。
そしてふと怖くなる。
いけないいけない。
忘れたくない大切なこと
ちゃんと刻んでおかなくちゃ。

そうだそうだ日記をつけよう

というわけで、またちょぼりちょぼり
ブログ更新していこう。
[PR]
by iidayako | 2009-07-24 09:30 | あれこれ

郷土料理

今日は私が今住んでいる
「新潟県長岡」の食材を使った料理会に
参加してきました。

ふき、ゼンマイ、みずな、車麩、うちまめ などなど。。

ほとんどの下ごしらえは先生があらかじめやっていて
くれていたので
分担したらあっという間にできあがって
あとは時間をかけて
お腹いっぱいいただきました。

山菜は山古志に住んでいる先生が
地元でとれたものを持ってきてくれました。
地のもの、旬のものが普通にあるって
すごくぜいたくなことですよね!


新潟に住んで好きになったものに
車麩があります。
こっちのスーパーではいろんな種類のものが
たくさん売ってるけど
今まで食べたこともなかったし、
東京ではあまり見かけたこともない気がする。。

でもこれ、煮ても揚げてとってもおいしいんですよー。
もちもちしてちょっとお肉のような食感。
ボリュームもあってうちの食卓には
たびたび登場するようになりました。

ちなみにうちで好評なのが
車麩のオニオングラタンスープ。
どこか田舎のイメージが抜けきらない
乾物食材の麩が
おしゃれに変身します。

そして料理会で登場し、
今日はじめて知った
「うちまめ」。
これもなかなかの優れもののよう。

乾燥してるから日持ちするし、
調理がとってもラク!

豆なのに乾燥大豆みたいに
一晩中水につけてー、
ことこと煮てー、
とかしなくても
ほかの食材と一緒に入れてただ煮込めばOKなのです!
しかもおいしい!
すてき!

まめ好きの私としては
いいこと聞いちゃったー
ウシシってなかんじです。

ちなみに今日は高菜と一緒に煮ていただきました。

人のお宅の食卓って見ることがなくて
ふだんみんながどんな食生活を
おくってるのかって
とっても興味があります。

だいたい家庭のシェフはそのお家の
お母さんなわけだから、
たいがいの家族は、お母さんのつくる料理の味付けとか
クセが体にしみついていくわけです。

だからその人にとっては当たり前のことが
ほかの人からはびっくり!
なことだって
きっとあるんでしょう。

結婚してあたしも日本家庭の
いちシェフになりました。
たったの数ヶ月の滞在の新潟だけれど、
この土地での経験も食卓に反映されて
それがオリジナルのうちの味!
ソウルフードになっていったらいいな
と思ったりしたのでした。


ちなみにこちらは本日の料理
「ぜんまいと車麩の煮付け」
b0182954_1713397.jpg
[PR]
by iidayako | 2009-06-05 16:49 | あれこれ

シナノノタマモノ

あいにくの雨模様ですね。
ザーザー
ちょっと肌寒いし、
湿気もあって
クセっ毛ズには
きびしい季節がやってきました。

ボンバークルクルうねうね。。。

やっぱり晴れてる日の方が
気持ちがアガるし
エネルギーみなぎりますよねー。

最近はずっと晴れ続きだったので
ウキウキだったのですが、
先日こんなことがあり
ちょっと考えさせられました。

わたしは現在、
訳あって新潟県に住んでいるのですが(変な意味ないですよ)
近所に知る人ぞ知る泉質のいい温泉があります。
そこは日帰り入浴もできるので
今週試しに行ってみることにしました。

小さいし決してきれいとは言いがたい風呂場。。。
泉質がいいと聞いていなければ
なんかお湯、茶色いしヌルヌルしてるし
気持ち悪ーってな感じのところですが
不思議なものでいい湯だと知っていると
なんとか自分の体に染み込ませようと
湯船に入りながらも
湯を手のひらですくっては
ひたひたと
顔にかけておりました。

そこはほんと田んぼの中にあるような温泉なので
私以外の客はほとんど
ご近所の常連の農家の方のようでした。
なのでそのおばちゃんたちの話題の中心は

もっぱら田んぼ。

方言が強いのかあまりガラがよくないのか
たぶんどっちもだと思うけど、
ほとんど何を言ってるのかわからない。。。
でもどうにか理解できたのは

「お天気続きで困るベサー。
 でもようやく明日には雨がふるらしいっぺ。
 雨降らにゃかなわんわー。」

てな感じのことでした。

なるほどなー。
当たり前のことだけど、
雨が降って大地が潤わないことには作物はとれず、
彼女達は商売にならないんだ。

でもそれはここ新潟の人たちだけの話じゃなくって
毎日お米を食べ、野菜を食べてる
わたし達にも言えること。

雨ってすごーくありがたいものなんだなー。
ズボンの裾が汚れちゃったり
満員電車でおじさんの傘の柄が足にささったり
大切なデートにボンバへッになっちゃったり
自分の生活にとって不便でも
ちゃーんと意味があって
自分もなんかの形でその恩恵を受けてるんだぁ
ってことを
ほんとに身近に感じることができた瞬間でした。

アハ体験。(使い方間違ってるか?)

そんなふうに考えたら
ザーザー雨も愛しく感じてきませんか?

ほら緑が喜んでるー
おばちゃんたちも喜んでるー

今日も新潟の自然と大地と農家の方達に感謝して
おいしくお米をいただくことにしましょう。

しかし、しとしと雨音を聞きながら
家でまったりと過ごす休日
これまた格別ですわな。
みなさんも、雨ニモ負ケズ よい休日を〜
[PR]
by iidayako | 2009-05-17 14:51 | あれこれ

デビュウ

ついにブログデビューーー

ひゅーひゅー

ひらがなで書いたら、すきま風で
サムイサムイ
みたいになってしまったので
もう一度

ヒューヒューだよ!
アツイアツイ!(かつての牧瀬里穂 風に♪)

なんなのこんなに簡単にブログってできちゃうんだね。
びっくりびっくり。

これからたっぷり時間をかけて
日々のいろんなこと
とりとめもなく
書き綴っていこうと思ってます、ので

乞うご期待!!

っていったい誰に向かっていってるんだろね、ブログさん。
これから仲良くしてってね、ブログさん。

同じ独り言でも、活字にすれば
なんかしら意味を持つはず、
と信じて
新しい門出に乾杯!

さーウキウキしてきたぞ。
そろそろ夕飯の準備でもするとしましょー。

そう、あたしは主婦なのです。
それではまたね、ブログちゃん♪
[PR]
by iidayako | 2009-05-15 17:55 | あれこれ